知的財産権の用語集

ホーム > 知財情報 > 知的財産権の用語集

>>知的財産権の用語集トップへ戻る

か行一覧

技術分野

明細書の項目の一つ。その発明の属する技術分野を記載する。出願時点での請求項に係る発明だけでなく、将来の補正の可能性等も考慮した技術分野を記載する。その分野の従来技術も含むように広く設定する。

拒絶査定

出願に拒絶理由が発見されて拒絶理由通知が行われた後、意見書による反論や補正によっても拒絶理由が解消されなかった場合、または、何の応答も行われずに指定された期間が経過した場合には、出願を拒絶する旨の査定が行われる。このとき、拒絶査定の謄本が出願人に送達される(特許法第52条)。出願人は、拒絶査定の謄本送達に対して、拒絶査定不服審判の請求、出願の分割、出願の変更等の対応を行うことができる。

国際公開

特許協力条約に基づく国際出願の内容を公開すること(PCT21条)。国際事務局により、国際出願の優先日から18月を経過した後速やかに行われる。国際公開の言語(アラビア語、英語、スペイン語、中国語、ドイツ語、日本語、韓国語、ポルトガル語、フランス語又はロシア語)で公開される。

国際出願日

国際出願が行われた日。到達主義を採用しており、郵送した場合、受理官庁(日本の場合は、特許庁に出願できる。国際事務局等に出願することも可能である)に到達した日となる。明細書及び請求の範囲であると外見上認められる書類がある等、所定の方式上の要件を満たせば国際出願日が認定される(PCT11条)。なお、出願時に図面を添付せず、その後に図面を補充した場合は、受理官庁がその図面を受理した日に出願日が繰り下げられる。

国際調査

国際調査は、国際出願に関連のある先行技術を可能な限り多く発見することを目的として国際調査機関により行われる(PCT15条、PCT16条)。日本国特許庁を受理官庁として国際出願を行った場合は、日本国特許庁が国際調査機関として調査を行う。調査結果は国際調査報告として国際調査機関により出願人及び国際事務局に送付される。また、国際調査機関は、国際調査報告と共に、当該国際出願についての新規性、進歩性及び産業上の利用可能性及び他の要件を満たしているかどうかの書面による見解を作成し、出願人及び国際事務局に送付する(PCT18条)。出願人は、国際調査報告を受け取った後、所定の期間内に国際出願の願書に添付された請求の範囲について一回に限り補正をすることができる(19条補正)。

特許事務所のご案内
採用情報
業務のご案内
知財情報
その他
お問い合わせ

TEL  06-6809-3456

受付時間 平日9:00〜17:30

また、お問い合わせはフォームでも受け付けております。
特許・意匠・商標等に関する出願依頼・鑑定依頼、相談予約、その他のお問い合わせにご利用下さい。

お問い合わせ
商標登録
更新とうろくん

特許業務は、名古屋以西の各地域、大阪・神戸・姫路・広島、福岡・京都・徳島などからのご依頼に対応しています。
商標登録業務は、北海道から沖縄まで全国対応です。

このページの先頭へ