知的財産権の用語集

ホーム > 知財情報 > 知的財産権の用語集

>>知的財産権の用語集トップへ戻る

あ行一覧

育成者権

新品種の育成者が、その新品種について品種登録を受けたときに認められる権利。その新品種を独占的に利用することができる。

意見書

意見書とは、審査官から通知された拒絶理由に対して意見・反論を行う書面のことをいう。拒絶理由通知が行われた場合、相当の期間が指定されて出願人に意見書を提出する機会が与えられる(特許法第50条)。最終的に特許が付与される場合でも、拒絶理由通知が行われずに特許されることはほとんどないので、大多数の出願では意見書を提出する必要がある。意見書においては、拒絶理由に反論するか、あるいは、補正により拒絶理由は解消された旨の主張を行う。拒絶理由通知において審査官が指摘している点をよく理解した上で反論等を行う必要がある。

意匠

物品の形状、模様、若しくは色彩又はこれらの組み合わせであって、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう(意匠法第2条)。何らかの美感を起こせばよく、必ずしも美しいものでなくてもよい。

引用発明

新規性違反又は進歩性違反の拒絶理由通知がなされたときに、当該拒絶理由の根拠として示される文献に記載される発明のこと。出願に係る発明の実施例に記載の発明と引用発明とが相違する場合でも、請求項に記載の発明の一部が引用発明(又は引用発明の組み合わせ等)と同一であれば、新規性・進歩性違反に該当する。この様な場合は、請求項を減縮補正して、意見書で引用発明(又は引用発明の組合せ等)との差異を主張する必要がある。

特許事務所のご案内
採用情報
業務のご案内
知財情報
その他
お問い合わせ

TEL  06-6809-3456

受付時間 平日9:00〜17:30

また、お問い合わせはフォームでも受け付けております。
特許・意匠・商標等に関する出願依頼・鑑定依頼、相談予約、その他のお問い合わせにご利用下さい。

お問い合わせ
商標登録
更新とうろくん

特許業務は、名古屋以西の各地域、大阪・神戸・姫路・広島、福岡・京都・徳島などからのご依頼に対応しています。
商標登録業務は、北海道から沖縄まで全国対応です。

このページの先頭へ